• オススメ

Classic Brass Saddle KIT

販売価格(税抜):
6,900(税込:7,452円)
商品コード:
0072
関連カテゴリ:
ギターパーツ > ブリッジ関連
高さ調節の可能なJM/JG/MG用のブラス製ブリッジサドルと各種ネジを同梱したキットです。

ブラスサドルのV字に切られた弦溝は弦の太さを問わず弦振動を受け止めることができるため、最適なサスティンが得られます。ユーザーを悩ませてきた弦落ちの心配はありません。

サドルの高さを調節するネジにHex Cone Point Saddle Screws(※2)、オクターブ調節用のネジに(+)Octave Screwsが付属します。
※いずれもミリ規格。

※1 6個セットの価格です。USA、Japan製のギターに取り付け可能です。バネは付属しません
※2 8mm(1弦、6弦用)×4本、10mm(2〜5弦用)×8本が付属します。
数量:

在庫: あり

商品の特徴

■優れた音質

レトロトーンのカスタムブラスサドルは、楽器用金属として古くから親しまれてきたブラス=黄銅を使用したブリッジサドルです。
ブラスは、エレキギターではテレキャスターやレスポールのブリッジサドルに古くから使用されていますが、楽器の世界では非常にポピュラーな素材です。楽器にあまり詳しくない方でも、金管楽器を使った吹奏楽団のことを「ブラスバンド」と呼ぶことはご存知でしょう。ブラスバンドの"ブラス"とは、まさしくこの素材を指しています。
ブラス材は日本では「真鍮」と呼ばれて親しまれてきましたが、 エレキギターのパーツに採用されるずっと前から、楽器の世界では活躍してきました。このブラス材を高さ調節の可能なジャズマスター、ジャガー、ムスタング用のブリッジサドルに採用したのがこのカスタムブラスサドルです。

■弦振動をしっかり捉えます

サドルの中央に彫られたV字の弦溝は、弦の太さを問わず各弦の振動をしっかりと捉えます。 多くのジャズマスター・ジャガーユーザーを悩ませてきた弦落ちの心配はありません。
また、ムスタングのサドルとは違い、一つのサドルに2本ずつ取り付けられた高さ調節ネジを使い、納得いくまで最適な弦高を試すことが可能です。

■ブリッジまわりのトラブルを解消

サドルの幅はブリッジに隙間無く収まるように設計されており、ピッキング時にサドル自体がガタついて振動をロスしてしまう問題は発生しません。サドルを固定するためにサドルフィットを使用していた場合は、外してしまって問題ありません。

ブラスサドルは電気を通しますので、樹脂製サドルにありがちな「交換したら弦アースが取れなくなった」というような問題も発生しません。

Tips.ネジのゆるみ対策

高さ調節、オクターブ調整用に市販のミリ規格のネジが利用できるよう、Custom Brass SaddleにはJIS規格に準拠したネジ穴が掘られています。フェンダージャパン製の高さ調節ネジを使用することも出来ます。
ネジ穴の大きさはJIS規格に沿っています。ネジ穴がきついとネジ山を崩してしまうトラブルが発生しやすくなりますので、こういった規格ではきつすぎず、緩すぎない値が設定されます。
また、金属素材ごとに気温や室温による収縮・膨張の率が異なるため、ネジがきつくなったり緩んだりする現象はある程度避けられない問題です。

ネジのゆるみについての解決策のうち最も手軽な方法は、ネジ止め剤と呼ばれる液性固着剤を使用することです。例えばタミヤ模型から発売されているラジコンカー用の「ネジ止め剤(250円)」やコニシの「ネジやま救助隊 ゆるみ止め」等は近所の文房具店やインターネットで比較的簡単に手に入れることができます。近頃は100円ショップ等でも同等のものを扱っていることがあります。 ネジがゆるむという理由でサドル毎交換しようと考えている方は、まず上記を試してみることをお薦めします。

Tips.弦間調節したい方は

Custom Brass Saddleはサドルの真ん中に溝を切っていますので「微妙に弦の間隔を狭くしたい…」といったご要望に対応できる製品ではありません。
そういった方のためにNon Slot Custom Brass Saddle SETも用意しています。こちらはご自分で溝を切って使うタイプですので、よりシビアな調整を望まれる方はこちらをご購入ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 古いジャズマスタが生まれ変わった

     投稿者:nero おすすめレベル:★★★★★

    65年製のジャズマスタに取り付けて数ヶ月経ったのでレビューを.
    正直この手の製品は,音が変わりすぎるので敬遠してました.特にビンテージの少しくたびれたサドルから出るノイズ混じりの音(僅かなビビリ,反響音)が無くなり音質が変わってしまうのではないかと...しかし,オリジナルのサドルはボロボロで不安定だったので交換してみました.

    まず2パターン試しました.
    1つ目はこのブラスサドルに先の尖ったイモネジの組み合わせ.
    これは,全く別のギターに生まれ変わってしまいました.とても音の輪郭がはっきりして現代的なギターの音.優等生な感じです.これが好きな方は良いでしょう.ただ,私の場合,あまりに綺麗な音になりすぎたので,失敗したと感じました.(ビンテージギターからブティック系の良いジャズマスタという感じ)

    正直失敗したな...と思ったのですが,もう一つとして,先の平らなイモネジに交換してみました.
    すると,ビンテージらしさはそれなりに残しつつも,アンサンブルの中でしっかり抜ける音になりました(クスミが取れた感じ).しかも弦のズレも全く起こらず,非常に使いやすいです.イモネジはミソです.

    使い始めて数ヶ月立ちましたが,元に戻す気にはなれません.
    もちろん,音は変わりましたが,より使える,実用的な音,ギターに生まれ変わった印象です.

    繰り返しになりますが,もちろん音は変わります.でも,ビンテージなどを使用されている方も選択肢としてありではないかと思います.

    余談として,個体差かもしれませんが,ややイモネジが緩みやすいのでネジロック併用すると良いかと思います.