• オススメ

JM-RS "Retro Sonic"

販売価格(税抜):
12,000(税込:12,960円)
ポールピースの長さを調整して弦毎の音量バランスを見直したジャズマスターPUです。基本的なコイルデザインはJM-59を踏襲しており、ポールピースと弦との距離を適正化することで、リフプレイ時やリード時のバイト感、ドライブ感を向上させ、フレーズをより印象的に際立たせることに成功しました。

フラットなポールピースセッティングでは、1,6弦と3,4弦では2〜2.5mmも弦とポールピース間の距離に差が出てしまい、3-4弦が遠く聴こえる等の問題が発生します。レトロソニックは指板アールに合わせてポールピースの高さを設定しており、こういった問題が解消されています。

※ボビンカラーは変更になる可能性があります。
注文時にポジション(ネックorブリッジ)をご連絡ください。
数量:

在庫: あり

商品の特徴

JM-59の発展系

JM-RS "Retro Sonic"はJM-59の仕様を発展させたPUです。3弦、4弦用のポールピースを長くして、弦毎の音量バランスを見直したジャズマスターPUです。
リフプレイ時やリード時のバイト感、ドライブ感が向上し、フレーズをより印象的に際立たせます。
ストラトキャスターやテレキャスターでは各弦の出力に合わせてポールピースの長さに違いを持たせた仕様も一般的ですが、ジャズマスターには採用されていません。後発のジャガーは販売当初はフラット・ポールピースだったものの、数年後にスタガード(でこぼこな)・ポールピースが採用されています。

ジャズマスターPU用のマグネットはフェンダーの他の製品では使われていないため、汎用性やコストの問題からスタガード化の検討対象とならなかったか、あるいは他のフェンダーギターとは全く異なるサウンドを想定したギター・セッティングが推奨されていたのではないかと思いますが、いずれにせよ、ジャズマスターPUの高さ調節は弦毎の音量バランスを考慮するのがとても難しく、最適なセッティングを見つけるのに骨が折れるのは間違いありません。

JM-RSは指板のアールに合わせて3-4弦のポールピースを高めにセットすることでポールピースと弦との距離を適正化しています。高さ調節が簡単になる他、3-4弦に少し長めのポールピースを採用することで音にスピード感が生まれます。磁石はN曲とS曲の距離に応じて磁力の強さが異なりますので、マグネットの長さはそれも考慮して選定しています。

詰め込まれたRetroTone独自のノウハウ

特注のバルカナイズドファイバーはレーザー加工で正確に裁断されており、ポールピースのピッチはUSAと同じ51mm(※)を採用しています。

※RetroTonePickup製のジャズマスターPUはオリジナル同様、51mmの弦間ピッチを採用しています。JAPAN製のPUカバーには合わないことがありますのでご注意下さい。
尚、カスタムショップ等、現行USA製モデルの一部にも52mmピッチを採用しているものがあるようです。ご注意下さい。

RetroToneのジャズマスターPUは全て良質のワックスでポッティングされます。このワックスは幅広に巻いたコイルの奥まで浸透するよう低粘度で調合されているため、コイルは非常に薄くコーティングされます。また、ポッティング後にボビン表面の余分なワックスは丁寧に拭き取られるため、ハウリング防止に必要な最低限のワックスでコイルが固定される形となります。適度なフィードバックや音の広がりを得るためには、ベタベタ、あるいはガチガチに固められたコイルよりも、低粘度のワックス少量で固定されたコイルの方が有利で、こういったワックスの調合やポッティングの手順にも繊細なノウハウが詰めこまれています。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。