DIY内装工事⑥

6月29日

今日は2名の助っ人が手伝ってくれました。
おなじみオギーと、astronauts guitarのロゴを製作してくれたデザイナー加藤積さんです。

11:30頃工房入り。ちょこちょこと雑務をしているとあっという間に時間が過ぎていきます。
12:30頃オギー到着、早速黒板塗料で壁とトイレのドアを塗ります。
14:00頃加藤さん到着、なんと工房の試奏用アンプJC-60を寄付してくれました。腹が減っては戦ができないので近くのラーメン屋でお昼。その後100円ショップでハケやマスキング用のメンディングテープを買って工房に戻り、作業再開です。

オギーは黒の黒板塗料で壁を塗るのと前回塗りが甘かった白の補修。赤と青の黒板塗料でドアや棚を塗るのは加藤さんです。
僕は配線を整理。
IMG_2728
IMG_2727
赤の塗料はワインがかったいい赤です。
2度塗りでかなりいい感じに。
写真はありませんが、青もいい感じです。

IMG_2730

男ごころをくすぐるトグルスイッチ。黒の壁と合わせるとまた別の味が出てきます。
作業用のエプロンが似合う加藤デザイナーも思わずパシャリ。
玄関のビフォア、アフターを見てみましょう。
IMG_2598
これがビフォア。壁紙を剥がしたコンクリートむき出しの状態です。
そして
IMG_2735
これがアフター。
棚の塗装はまだこれからですが、黒の壁と赤の棚の組み合わせはワインでも出しそうなお店に見えますね。ワンポイントのトグルスイッチもなかなかオシャレです。
IMG_2731
ちょっと離れて。
押し入れだった部分も白く塗ってみました。困ったら白。
IMG_2729
こういう細かく塗り漏らした部分をおぎーが地道に補修していきます。
IMG_2733
灯りが付いて音楽が流れるとなかなかいい雰囲気です。
IMG_2737
残りの照明も取り付けてしまいます。
手を滑らしてひとつ照明の傘を割ってしまいましたが、まあそれはそれ。トラブルはつきものです。

IMG_2739
フランス版ラピュタのポスターを貼りました。これめちゃくちゃ格好いいんです。シータとパズーがラピュタを見上げる構図。
フランスにはモンサンミッシェルもあります。城を真ん中に持ってくるあたり、すごいセンスですよね。
IMG_2740
加藤さんのアイディアでアンプとギターを並べてみました。もうこの右手一角だけ男のロマンが完成しました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someonePrint this page