DIY内装工事①

6月7日

レンタカーで軽トラを借りてラッキーさんとホームセンター巡り。
軽トラはシートも倒れないし、サスも硬くてガタガタ言うし、アクセル踏んでやっと60km/hぐらいだし、普通の乗用車とは全く価値観の違う乗り物で面白かったです。
乗り心地は全く駄目ですが、やたらと小回りがきくので狭い場所での転回も余裕です。

ホームセンターは3件はしごしました。
ビバホーム宮前平店、ロイヤルホームセンター宮前平店はいずれもイマイチ。
結局前回も行ったロイヤルホームセンター梶ヶ谷店で木材を購入しました。

床材に使うのは12mm厚の杉野地板。
なぜ野地板なのかって?安いからです。10枚約1坪で約2千円。
野地板というのは屋根の下地なんかに使われる切りっぱなしの板。普通はプレーナーで表面がツルツルのすべすべに仕上げられて売ってますが野地板はそういう仕上げではなくノコで挽いたまんまの荒材です。

木材置き場でこれから立ち上げる壁の計画も練ってその場で材料を決めます。ザ・無計画。
こちらはSPFを利用。木材は1カット20円。3.6mの木材から必要な部材を切り出してもらいました。
IMG_2629
荷台に収まらないので屋根の上に突き出す形で。
これらを固定するためにロープも買いましたが、軽トラってロープをひっかけるためのフックがあらかじめ用意されてるんですね。
IMG_2625
男なら一度は軽トラの荷台の上で作業したいものです。
今日は工房作業を始めてから初めてカレー屋以外で昼飯を食べました。ラーメンです。
写真のためにラッキーさんにわざわざ荷台に乗ってもらいました。黒に白ロゴ、ラッキーサウンドTシャツのご注文はラッキー山本さんに直接お問い合わせください。
IMG_2630

駐車場から木材を運ぶのもめちゃくちゃ重労働でしたがそんな写真は取っていません。本当に重労働だったので。
ランダムさを出すために少しずつ板をずらして配置するの図。

IMG_2628
オレンジがポップなラッキーサウンドエプロン。
床張りはこれはこれで気の遠くなる作業です。部屋の形に合わせて現物合わせで板を削ってみたり。
全体の5%ぐらいネジ止めしたところで今日は終了。ラッキーさんがいなかったら木材を買うのも運ぶのも無理でした。感謝。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someonePrint this page