DIY内装解体工事③

5月10日 16:30頃〜18:30頃
5月12日 16:30頃〜18:30頃
5月14日 13:00頃〜16:30頃

3日に渡って短時間の単独作業中です。
最初の日はまず散らかったゴミの分別。足りなくなったガラ袋は追加で買ってきたのでひたすらこれにゴミを入れていきます。
石膏ボードと木材はおそらく別にしておいた方が廃棄処理時に有利な気がするので頑張って分別します。
それから木枠や柱はさらに解体したり小さく切ったりします。地道ながらこれが一番バールやノコギリの腕を上達させてくれるように思います。
IMG_2501
Before

IMG_2509
After

ほら、奇麗になったでしょ。

 

2日目は残った壁と柱にとりかかります。
IMG_2532
柱は複数の木材を組み合わせて太いものを作っているようでした。


IMG_2534
木材が複雑に絡み合っているので、しっかり考えながら順番に剥がして行きます。

IMG_2535
廊下側は薄いベニヤ板、部屋側は石膏ボードでしたが、丁寧に剥がすと骨組みが出てきます。
室内の壁なので断熱材とかは皆無ですね。
IMG_2536
解体を進めてこんな感じで作業完了。
写真が暗いのは外が暗くなったからです。
感電したくないので作業中はブレーカーを完全に切っています。
壁にあったはずの骨組みが床に転がっていますね。

3日目は残った天井に挑戦しました。

IMG_2542
地道に作業するのも面倒なので一気に落とせないかと試してみましたが、かなり危険な感じなので結局この後、すのこ状に組まれた木材を一本一本解体していきました。かなり地味な作業ですが、集中しないと怪我をしそうなので真剣です。

IMG_2543
ようやくコンクリートの天井が見えるようになりました。
残るは元和室部分の天井を残すのみです。

IMG_2549
他の部分と違って、表張りはベニヤ板。剥がすと和室の天井が残っています。
ベニヤはバールで力を入れるとすぐにメシッといって割れてしまうのでうまく剥がせません。
これまでの2面に比べても面倒くさいです。
途中で疲れてしまったのでここの部分は週末に持ち越しです。

IMG_2551
天井部分を少し奇麗にして終了。
一人の作業は孤独だし怪我がちょっと怖いですが、考え事をしながら無心になれるので気付いたら2時間ぐらい過ぎています。
大人になってからこういう時間は貴重な気がします。

解体はこの調子で終えられると思いますが、産業廃棄物の処理にいくらかかるのか全く予想できません。
廃材がトラック一台では運び出せなそうな量になりつつあります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someonePrint this page